太もも痩せる方法!効果的な15選&一番効果的な方法&人気グッズも


ダイエットは女性にとって永遠のテーマですが、中でも部位痩せには苦戦する人が多いですよね。

他の部位はすんなり痩せたのに、なぜか太ももだけは痩せない…と感じている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、悩みの多い「太もも痩せ」についてまとめてみました。

  • 太ももを細くする方法にはどんなものがある?
  • 一番効果的な方法はどれ?
  • 太もも痩せに効果的な人気グッズとは!

太もも痩せを実現するには、食事制限だけではなく、太ももに程よい筋肉をつける必要があるのです。

具体的な方法をぜひチェックしてみてください。

Sponsored Links




 

太ももが痩せる方法!どんな方法がある?

まずは、太ももが痩せる方法として考えられるものを、とにかくたくさんまとめてみました。

知っていた方法も知らなかった方法もあるかと思いますが、気になるものから試してみてください。

 

足上げ

横に寝そべって、下になっているほうの足を上げ下げする運動です。

l_2014-1-8_210a102a078812747d1ef049af0edc6c

出典:http://u2.m3q.jp/

上になっているほうの足は、ひざを曲げて三角にしておくと踏ん張りやすいですよ。

内ももに特に効果が出やすいので、意識して上げ下げするようにしてください。

回数は特に決まっていませんが、深呼吸しながらゆっくりと左右10回くらいからはじめてみましょう。

 

空中サイクリング

仰向けに寝転がった状態で腰を手で持ち上げ、上空でサイクリングするような動きをします。

ポイントとしてはしっかりと大きな円を描くことと、呼吸が止まらないようにすることです。

これも太ももに意識を持っていくことで、より正しい効果が得られるようになります。

 

スクワット

下半身に効果的な運動といえばスクワットですよね。

しゃがみこむ必要はないので、ひざの内側が直角になるように腰を真っ直ぐ落としていきましょう。

はじめのうちは筋力がない場合はつらいので数回から、もしくは手を太ももや膝に置いて少し支えながらやってみてください。

あがるときよりも下がるときに負荷の意識を持つようにして、膝を痛めないようにほどほどにしておいてくださいね。

 

縄跳び

有酸素運動の代表格である縄跳びは、実際に縄を飛ばなくても同じ動きをするだけでOKです。

上下に飛びながら呼吸を深くすることを意識して縄跳びのように動くだけで、足全体の筋力UPに効果的です。

ただし筋肉がすでについている人は逆効果になりやすいので、縄跳びはおすすめできません。

 

挟みエクササイズ

椅子に座った状態で、膝の間に分厚い辞書などの本(くらいのものであればOK)を挟むだけのエクササイズです。

長時間膝を閉じて座るというのは、実は意外と負荷がかかります。

ですので、そこに本を挟むという更なる負荷をかけることで、より強い太もも痩せ効果が期待できるのです。

 

椅子に座って足を伸ばすストレッチ

まず椅子に座り、片方の足のつま先を伸ばしながら、膝の高さまでまっすぐ上げます。

streti3

出典:http://www.geocities.jp/

上げた足のつま先を、伸ばしたり降ろしたりを8回程度繰り返し。

反対の足も同じようにつま先を伸ばしながら上げ、足先の伸ばしたり降ろしたりを8回繰り返します。

デスクワークの方なら、仕事の合間にでも出来そうですね。

むくみの予防にもなりますのでぜひ。

 

立って足を後ろに伸ばすストレッチ

家事をしながらや、洗面所で歯を磨きながらなど、簡単お手軽に出来てしまうストレッチがこれ。

立った状態で、片方の足をななめ後ろ側に引き上げ、その状態を1分以上保つだけ。

futomomoryomama

出典:https://twitter.com/tanakaryo6

こちらもやり方はとっても簡単ですが、太ももだけでなくヒップにも効果的です。

 

マッサージ

足をマッサージするだけで、マッサージ前よりも細くなるというケースもあります。

これは特に足が冷えやすい人やむくみやすい人セルライトができている人にとって効果が出やすい方法です。

足の甲から上に上がっていくイメージで、こぶしや親指を使ってマッサージしていきましょう。

ボディオイルなどですべりをよくすることと、お風呂上りに集中的にやると更に効果がUPしますよ。

 

足痩せウォーキング

ただ歩くのではなく、ウォーキングなので早歩きくらいのスピードでウォーキングをするのも効果的です。

はじめのうちは15分~20分を目安に、無理せず毎日続けるのがポイントで、筋肉痛がひどい場合にはクールダウンさせてあげるのも大事です。

 

むくみ予防

足が太くなる原因の多くが、むくみを伴うものです。

むくみを取るだけで数センチ足回りが痩せるというケースもあるくらいなので、極力むくみを作らないようにするのもポイントです。

具体的には、以下のポイントが挙げられます。

  • 塩分や水分を取り過ぎない
  • カリウムを摂取する
  • 寝るときに足を高くする
  • 窮屈でない靴を履く
  • 冷やさないようにする

むくみを解消することによって、血液循環も良くなり代謝があがるので、ダイエットのサポートになります。

 

四つんばいエクササイズ

四つんばいになった姿勢から、足を前後左右に動かしてキープするエクササイズです。

まずは後ろに垂直に伸ばし、横、上とそれぞれ10秒ずつキープしていきましょう。

ゆっくりと腹式呼吸をしながら10秒数えることと、真っ直ぐに足をキープすることがポイントです。

太ももまわりに満遍なく効いていくので、負荷を受けている部位を意識するようにしてくださいね。

 

階段昇降

階段を上り下りするだけでも太もも痩せの手助けになります。

エスカレーターより階段を選ぶようにするだけでも良いですが、一段ずつテンポ良く登るのがポイントです。

 

ストレッチ

主に下半身のストレッチをすることで、太ももが伸ばされて痩せやすくなります。

朝起きてから・運動前などに行うことで痩せやすいからだの準備にもなりますので、ぜひ取り入れてみてください。

 

背筋を伸ばして姿勢を良くする

背筋を伸ばして姿勢を良くする意識をするだけでも、太ももの使っていない筋肉を刺激します。

歩くときは特に気をつけて、少し大股で歩くようにするとより効果的です。

 

大股開きエクササイズ

スクワットではないものの、腰を落とすエクササイズとして大股開きエクササイズというものがあります。

左右にガッと大股開きをするように腰を落とす運動で、背筋は天井から吊るされたように真っ直ぐにしてくださいね。

これはかなりキツイです!

Sponsored Links




太もも痩せ!一番効果的な方法は?

上で紹介したように、太もも痩せには意外とたくさんの方法があります。

ですが、そんな中でも一番効果的な方法はどれなの?と知りたい方もいらっしゃると思います。

もちろん複数組み合わせることで効果が上がりやすいのですが、今回はタイプ別に1つだけに絞る場合、どれが一番効果的なのかを選んでみました。

筋肉タイプ

足が太くなっている原因が筋肉のつきすぎの場合は、運動したり筋トレしてもなかなか太ももを細くできません。

このタイプはまず筋肉を軽く落としておかないと細い足にはならないので、一番痩せやすい方法は“ストレッチ”になります。

運動はせず負荷をかけないようにしつつ、筋肉が凝り固まらないようにすることで徐々に足が細くなっていきます。

 

脂肪タイプ

脂肪がついている・セルライトができているといった、脂肪により足が太く見えている場合には、筋トレで引き締める運動がおすすめです。

特に“スクワット”が良く、ゆっくりと腰を落としてながら深い呼吸をすることで更に効果が期待できます。

ある程度引き締まったら、筋肉タイプ同様軽度なものに切り替えていきましょう。

 

むくみタイプ

むくみタイプの場合は、足が太いわけではなく、水分であるむくみせいで膨張しているにすぎません。

ですので、“むくみ解消”することで足が一気に細くなるということもあります。

マッサージやむくみ対策を重点的に行うことで、本来の太ももを取り戻すことができますよ。

むくみに特化したサプリを試してみるのも手ですね。

 

太もも痩せに効果的な人気グッズ

最後に太もも痩せに効果的なグッズの中から、とくに人気のあるものをいくつかピックアップしてご紹介します。

※以下の画像は楽天市場にリンクしています。

 

レッグスライダー

こちらはご存知の方も多いのではないでしょうか。

足を左右にスライドさせるような運動ができるものなのですが、思っている以上にキッツイ!!です(笑)

それこそはじめての人で筋肉があまりないタイプだと、1往復するだけで足がつりそうなんてことも…。

しかしその効果は絶大で、人気とともに評価も高い太もも痩せグッズとなっています。

 

バンビウォーター

マッサージするのにおすすめの人気グッズがこちらのジェルで、温感仕様や配合成分によりお肌もきれいになっちゃう優れものです。

足はもちろんのこと、お腹やお尻など気になるところにも使えるので、一本あると便利ですね。

人によって合う合わないがありますので、まずは一本から試してみてください。

 

スリムメイク

その名のとおり足痩せ効果が期待できる着圧タイツ(トレンカ・レギンスもあり)です。

寝る間だけつけるものなどと違って、タイツなので昼間にも使いやすいしコーディネートにもあわせやすいです。(夏場は厳しいですが…)

防寒にもなりますし、お腹やお尻の引き締め効果も出てくれるので冬場に嬉しいグッズです。

普段使いの着圧グッズをお探しの場合はぜひ検討してみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

いったん太くなってしまうと、なかなか細くなってくれない太もも。

すぐに痩せようと無理をすると、結果挫折するかリバウンドすることが多いのも良く聞くところです。

自分がやりやすいストレッチorグッズで気長に継続するのが成功のカギ。

見た目の為というよりは、健康の為だと思うと頑張りやすいのではないでしょうか。(経験上…)

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ