胡椒(コショウ)に塩分はあるのか!糖質やカロリーとともにチェック


独特の辛みと刺激がたまらない胡椒

「何にでもかけたくなる♪」「マイ胡椒をバッグに入れている♪」なんて人もいらっしゃるかもしれませんね(笑)

でもそんな美味しい胡椒で気になるのが「塩分」で、とくに健康を意識している人には気になるところなのではないでしょうか。

ここでは、胡椒に塩分はあるのか?糖質は?カロリーはどのくらい?など、主に胡椒の塩分についてお話ししていきます。

また、胡椒に含まれる健康や美容に関係する成分についてもピックアップして解説していきます。

”胡椒好き”のあなたに是非知っておいていただきたい内容ですよ。

Sponsored Links




胡椒に塩分はあるのか!塩分量は?

それでは早速、胡椒に塩分はあるのか?についてお答えしていきましょう。

この答えはNOで、胡椒には塩分は含まれていません!

ただし、良くある「塩コショウ」に関しては、名前のとおり塩分が入っているので気をつけてくださいね。

塩コショウの塩分量

製品によってさまざまですが、いわゆる有名どころの塩コショウには100gあたり60~70gくらいの塩分が含まれています。半分以上が塩ということですね。

健康な日本人の塩分摂取量の目標は1日あたり男性で8g・女性で7gとされているので、塩コショウを使えるのは1日10g強ということになります。

とは言え、味の強い塩コショウを10g以上毎日使い続けるということは少ないですよね。

更に胡椒にはカリウムが豊富に含まれていて、このカリウムは塩分を排出するようなはたらきがあります。

そのためちょっとくらい多く摂取してしまったとしても、その塩分全てが残ってしまうわけではないので、少し安心してください。

10gというと、小さじでおよそ2杯弱なので、実際測ってみるとなかなか多いことに気づかされますよ。

 

胡椒の1日の摂取量の目安

先ほどもお話ししましたが、塩分の摂取量の目安は1日10g程度、砂糖は20g程度と基準が設けられていますが、胡椒に関して明確な摂取量の目安は出されていません

塩分も含みませんので、そこまで気を使う必要はないということでしょう。

ただ、香辛料が刺激が強いので、摂りすぎると胃腸を壊すことにもなりかねませんので、身体と相談して適量を使用するようにしましょう。

Sponsored Links




胡椒に糖質はあるのか!

では続いて、胡椒の糖質について見ていきましょう。

塩分のない胡椒ですが、残念ながら糖質は含まれており100gあたりおよそ60g~70gほどです。

意外な量に衝撃を受けたかと思いますが、糖質があるということは、糖質制限などでは控えるべきなのか?と気になりますよね。

健康な成人の糖質の摂取量の目安は、必要とされる総カロリーの半分といわれています。

ですので、年齢や性別・生活習慣などでも大きく変わるのですが、平均で計算するとおよそ330g程度を目安と考えることができます。

仮に胡椒だけが糖質の摂取源だとして考えると、およそ500g以上の胡椒を1日に摂取する必要があります。

…どう考えても無理ですよね(笑)

そもそも胡椒をばーっと振りかけたところで0.1g程度でしょうし、100gだってなかなか摂取できるものではないでしょう。

となると、ダイエットや糖尿病などによる糖質制限において、胡椒を気にする必要は全くないと言えます。

糖質がないわけではありませんが、そもそもの摂取量が多くないので、糖質を気にして胡椒を制限する必要はほぼないと考えて良さそうです。

Sponsored Links




胡椒のカロリーは?

最後に胡椒のカロリーについて見ていきましょう。

胡椒のカロリーは100gあたり371kcalで、具体的な例を挙げると卵黄よりも少ないくらいなんですね。

一般的な成人の摂取カロリーは、平均して女性で2000kcal・男性で2500~3000kcalですので、これも糖質同様胡椒だけで摂取するのは不可能です。

そして調味料としてですが、胡椒そのものの摂取量は具体的に数字にするとしたら10gほどといわれていますので、およそ37kcalほどでしかないわけです。

ということはつまり、気に留めるほどでもないカロリーしかないというのが分かりますよね。

塩と胡椒!ダイエットに向いているのは…

もっと極端な話をするのであれば、むくみやすい塩と胡椒どちらがダイエットに適しているのかというと、胡椒のほうが良いくらいです。

さらに胡椒には代謝を上げる作用もあるため、結果としてカロリーを消費しやすくなるという要素もあります。

カロリーを気にしなくて良い上に濃い味付けができて、更にダイエットをサポートするような効果があるとなれば、逆にダイエット中には積極的に取り入れたい調味料になってくるわけですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

胡椒の塩分・糖分・カロリーについて解説してきましたが、どちらかといえば真逆のイメージが強かったのではないでしょうか。

胡椒においては、

  • 塩分は0
  • 糖分・カロリーはあるものの気にする必要はない

というポイントをしっかりおさえておいてくださいね。

ただし、胡椒は食べ過ぎると体に悪影響も出るので、いくら好きでも摂り過ぎには注意してくださいね。

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ