読書に集中できる理想のお部屋環境とは! インテリアや照明・音楽も


読書好きな人も、これから読書に打ち込みたい人も、整えていきたいのが読書環境ですよね。

読書に集中できる部屋とはどんな部屋なのか、インテリアは?照明・明るさは?BGM(音楽)は?など、気になることがたくさん。

今回はそんなあなたのために、読書に集中できるお部屋環境についてまとめています。

読書に最適な椅子や、自宅以外の読書場所についても紹介していきますね。

Sponsored Links




読書に集中できる理想のお部屋環境とは!

では早速、どんなお部屋が読書に集中できるのかについて紹介していきます。

ご自身のお部屋環境と比べつつ、取り入れてみたいものをチェックしていきましょう。

インテリアのすすめ

インテリアと一言で言っても、そこにはたくさんの要素が複雑に入り乱れています。

まず最も重要なのは“静かな空間であること”(自分が集中しやすい空間であること)。

もし今のあなたのお部屋が、雑音が入ったり集中できない場所にあるのなら、あなたがふっと一息つける場所の中に読書スペースを置いてみてください。

たとえばですが、寝室の一角キッチンの端・お手洗い(トイレ)の中など、あなただけの空間を見つけてみてください。

もちろん読書専用部屋なんてものも、読書家からすると憧れですよね。可能な方はぜひ作ってみてください♪

 

本の並べ方にも工夫を

本がインテリアとなり、気分を高めてくれる要素も忘れないでください。

ただ乱雑に積み上げられた本・順番に並んだだけの本よりも、インテリアとして表情を見せてくれる本のほうが、見た目にもおしゃれで嬉しくないですか?(きっちり並べるのが好きな人はもちろんそれでも構いません。)

並び順にこだわったり、好きなカバーの本を正面に向けて置いてみたり、本と本の間に小物を置いたり…と、あなただけの本棚をインテリアの一環として作ってしまうのもおすすめです。

そして最後のポイントは“椅子”です。

すわり心地が悪い場所では、長時間集中してリラックスなんてできませんよね。

こちらについては次の章で詳しく紹介していきますので、どんなものがあるのか一例として参考にしてみてください。

 

照明・明るさのすすめ

次は照明や明るさについて解説していきます。

照明と一言で言ってもたくさんの種類がありますが、本を読む上で大事なのは、以下の3点!

  • 照明の明るさ
  • 照明の色
  • 照明の形

照明の明るさ

暗すぎず明るすぎずが基本で、手元が鮮明に見える程度の明るさを確保することが大事です。

例え部屋全体に光が届いていても、本を読むときに手元に届く光が薄暗くなってしまっては意味がありません。

そこに密接に関わってくるのが照明の色で、今多いのが白い光とオレンジの光の2種類の電球ですよね。(他にもたくさんの色がありますが、あくまで一般的なものを挙げています。)

 

照明の色

白い光というのは、ハッキリと見やすい代わりに刺激があるので読書には向きません

白い電球を使う場合には、光の強さを微調整できる機能がある照明を使う必要があります。

ですので、できればオレンジの光の電球を使うのがおすすめで、やわらかい暖かい光にはリラックス効果もあるので、読書にはぴったりなのではないでしょうか。

 

照明の形

お部屋の照明は暗くても、スタンドライトなどで手元をしっかり照らすという方法もあります。

ただ、この光が不安定だったりプラプラと動いてしまうと、そちらに集中が散ってしまうのでよくありません。

安定したスタンドライト型の照明を選ぶか、お部屋全体の照明をうまく使うかの選択になりますね。

 

音楽のすすめ

【集中=無音】と思っている人が多いのですが、実は適度な音楽(BGM)というのは、想像以上に良いはたらきをしてくれます。

たとえばですが、静かな音楽にはリラックス効果がありますし、運動会などで良く聞くような曲は、闘争心を刺激するようなはたらきがあります。

ですので、読書をするためのBGM(自分で適していると思うもの)気にならない程度…音がほんのり聞こえてくるような大きさでかけておくと良いでしょう。

その本に合わせたテーマの音楽をかけておくことも、より本の世界に入り込むこともできるのでおすすめです。

個人的なおすすめとしては、いくつか好きな曲を選抜したCDを作っておいて、それを読書スペースに置いておき、気分や本によって変えられるようにする方法です。

そうすることで自分だけの世界観ができてきて、本を読むのがとても楽しくなります。

ただし、選曲はできるだけ自分の知らない言語にするほうが良く、具体的には邦楽よりも、洋楽など異国の言語の歌詞または歌詞がない曲がおすすめです。

歌詞の言葉に集中を阻害されないためなので、場合によっては、楽器だけの曲(インストゥルメンタル=歌のない楽曲)も良いですね。

Sponsored Links




読書に最適な椅子とは!おすすめ3選

上でも少し触れましたが、より良い読書環境に椅子は欠かせませんよね。

せっかくですので、読書にぴったりの椅子を参考までに紹介していきましょう。

評価などもふまえた上で、タイプ別に3つ厳選してみました。

気になるものがあれば、類似品なども細かく見てみてくださいね。

※以下の画像は全て楽天市場にリンクしています。

 

座椅子型「美姿勢座椅子RICH」

こちらの座椅子RICHは、『長時間読書しても疲れない工夫+美姿勢』になれるという優れもの!

座椅子でありながら、クッション・骨盤矯正としても使え、前向き・後ろ向き・仰向けなど姿勢を選ばない、いわば読書の相棒になりうる椅子なんですね。

カバーが洗えることや、5色のおしゃれなカラーバリエーションがインテリアとしても機能してくれます。

特に腰痛持ちの人や、猫背になりやすい人には、普段からも愛用して欲しいほどのこだわりっぷりで、実際に愛用している人からの評価も高いです。

  • 長時間の読書をする人
  • 床に座る派の人
  • 姿勢を矯正したい人
  • 骨盤にお悩みのある人
  • 立ち上がらずに体を伸ばしたい

読書のためだけではなく、日常的にも大いに役に立ってくれそうですね。

 

ビーズクッション型「座・気まま」

万能さで言えばダントツでおすすめなのがビーズクッション型なんですが、その中でもぜひ知って欲しいのがこの『座・気まま』です。

「人をダメにする~」といううたい文句の大きなビーズクッションも良いのですが、読書空間という観点においては、こちらの『座・気まま』を推したいのでその理由を説明していきますね。

まずはびっくりするくらいのおしゃれな見た目!

椅子なの?クッションなの?と思うようなフォルムと、レザー生地まであるカラーバリエーションは他のビーズクッションの郡を抜いています。

ちなみにカラーの名前もちょっと洒落ていて、「青嵐」「紅炎」「くるみ」「雪代」など、読書家心をくすぐられる名前がついていますよ(笑)。

座ると背もたれができる仕様になっているので、座る人に合わせて形を変えてくれるのはビーズクッションならではの魅力ですね。

ビーズがやわらかすぎないので、形も崩れにくいとの評価も目立ちました。

  • インテリアもお洒落に♪
  • シンプルなだけじゃつまらない!
  • 複雑な姿勢でもフィットする椅子が良い。

こんな方にはぜひお試しいただきたい商品です。

 

ロッキングチェア型「+オットマン」

最後は、ロッキングチェア型の椅子を紹介します。

ロッキングチェアというのは、ユラユラと揺れる大きな木の椅子ですね。

こちらの椅子はロッキングチェアの中でも軽量にこだわっていて、女性でも片手で持ち運べるほどの作り・軽さになっています。

足置き(オットマン)とのセットになっているので、その日の気分で使い方を変えるもよし、小さい椅子として使っても良いですね。

読書をしたまま眠ってしまいそうになるほどの心地よさと評判なので、寝たくないときには揺れないようにしてください(笑)。

  • 床に座りたくない
  • 程よい揺れが好き
  • 長く愛用できる椅子に出会いたい
  • 読書にもリッチ感が欲しい。

こんな人におすすめです♪

Sponsored Links




読書環境!自宅以外で人気はどんな場所?

最後に、自宅以外で読書をするのに人気の場所を調査してみたので、サクッとご紹介しておきます。

感じ方は人それぞれですし、その場所によっても変わるので、あくまで参考程度に….。

自宅が使えない場合や、気分転換したいときに利用を考えてみてくださいね。

  • 図書館
  • 大人向けのカフェ・喫茶店・読書カフェ
  • 地上を走る電車の中
  • 芝生のある川辺・公園などの木陰

どれも想像しただけで読書意欲が掻き立てられそうな場所ばかりですよね。

個人的には最近増えてきている「読書カフェ」をいくつか見つけておきたいところです。

ぜひあなただけの自宅以外の読書スポットを、日常の中で探してみてください。

 

さいごに

いかがでしたか?

読書にぴったりの環境は人によって全然違います。

上で紹介したことが、全てあなたに当てはまるわけではないかと思います。

ただ、環境づくりも読書の一環として楽しんでいただきたい。

あなただけの読書空間を、ぜひ作り出してくださいね。

読書の時間が、一味も二味も変わるはずです♪

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ