男の顔は乾燥している!メンズで人気の市販&通販保湿化粧品とは


「男が保湿ローション(クリーム)?!」

と、驚く時代はとっくに過ぎ、今や男性もスキンケアに気を配る時代。

特に顔の保湿は大切だと気づき始めた方も多いことでしょう。


 

空気の乾燥とともに、肌の乾燥も気になるのは当然。

「オイリー肌だから大丈夫?」

違います!!

スキンケアが出来ていないからオイリーになっている!

と考える方が妥当。

ということで、ここでのメニューはこちら。


  • なぜ男性にも保湿が必要なのか?
  • どんな保湿ローション(クリーム)が人気があるのか?
詳しく紹介しています。

 

Sponsored Links



男性にも保湿が必要な理由

女性には当然の「毎日の保湿」。

実は男性にとっても、お肌の保湿はかなり重要!

「オレはオイリー肌でべたべたしているから、洗顔はしっかりしているけど、保湿はしなくてもいいんじゃないか?

と考えがちだが、それは大きな誤り。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s
 

オイリー肌の男性でも、実は肌は乾燥している人が結構多い。

男性は毎日の髭剃りや、外で日光などの紫外線を浴び、実は女性よりも肌を傷めていたりするので、肌の保湿は女性よりも必要な場合が多いのだ。

また、肌が乾燥していると、肌を守ろうとして、自然と脂分が分泌されオイリー肌になるという悪循環もある。

ということは、しっかりと保湿することで、余分な脂を抑え、ベタベタなオイリー肌が改善するというケースも少なくない。

保湿は乾燥が気になっている人だけでなく、オイリー肌に悩む男性にも必要なものと考えるべきなのだ。

 

男も洗顔後はローション&クリームでしっかり保湿

洗顔後の肌は水分不足!


 

肌は不足している水分を補うべく、皮脂を分泌するので、顔がアブラっぽくなってしまうのです。

【洗顔+保湿】は1セットとし、洗顔後5分以内にローションやクリームで保湿が必須!

5分を過ぎると、乾燥はどんどん進んでいくのです。

 

Sponsored Links



男性の保湿化粧品!人気があるのはこんな商品

男性の肌にも保湿が重要なのが分かったところで、実際どんな保湿ローションorクリームを使えばいいのかわからない・・・

というあなたの為に、

現在男性に人気の保湿クリームをいくつか紹介します。

 

まずは市販のものから。

無印良品 化粧水(敏感肌用)(高保湿タイプ)



意外かもしれませんが、こちらは口コミで人気が広がった商品。

無添加なので、肌荒れが気になる方にも安心。

無印商品ですので、コスパも良いですね。

 

DHCMEN オールインワンジェル



保湿はもちろん、髭剃り後のケアにも人気。

伸びが良く、使い勝手も良いと評判のジェル。

 

花王 ニベアメン シリーズ



ドラッグストアですぐに手に入り、価格もお手頃のニベアメンシリーズ。

種類も豊富で、肌のタイプに合わせて選べるのもポイント。

 

最後にもう一品。

通販限定の商品にも関わらず人気なのが、革新的メンズコスメ「BULK HOMME(バルクオム)」

その理由は、「男の肌」にとことんこだわった高機能コスメであること。



【洗顔→化粧水→乳液 】と、一見面倒に思えるかもしれないが、このひと手間が1か月後の肌を変えてくれることに!

 

男のトラブル肌対処法

「肌の調子が悪い・・・」

そう感じているなら、一度自分の肌質を確認してみてください。

  • アブラっぽいですか?
  • カサカサしていますか?
日々のスキンケア用品が肌に合っていなければトラブルは改善しないのです。

また、肌のトラブルは身体の内側も大きく影響しています。

それを踏まえて、対策をみていきましょう。

 

にきび・オイリー肌の場合

  1. 汚れや余分なアブラをしっかり洗い落とす
  2. ローションなどで潤いを補給し、過剰なアブラと汗を防ぐ
  3. 紫外線はダメージが大き過ぎる!UVケアも必須
  4. 食生活・生活習慣の改善を心掛ける
 

乾燥が気になる場合

  1. 油分を落とし過ぎない洗顔料を使う
  2. 洗顔後はローションでたっぷり潤いを補給
  3. ローションのあとにクリームをプラス
  4. 食生活の改善!ビタミンたっぷりの野菜を補給
 

スキンケアは身だしなみの一つ

乾燥があまりに酷い場合は、皮膚科で処方される薬が一番と言えるかもしれないが、上で紹介したような市販のクリームをまだ使ったことがないなら一度試してみる価値は十分にあり!!

オイリー肌でさえ、原因は乾燥による肌荒れの場合が多いことを考慮して、男性も身だしなみの一つとしてスキンケアは欠かせない。

男だから肌には無頓着でも良い・・という時代は、とっくに終わっているのだから。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ