爪水虫の治し方!塗り薬?飲み薬?病院での治療方法&人気ジェルも


もしかしてコレって…と悩んでいるあなた。

爪が白くにごっていたり、変形してぼろぼろと汚くなっている場合には、爪水虫の可能性が非常に高いです。

「やっぱり…」と思ってしまったなら、出来るだけ早急に治すことを考えたいですね。

治す方法として、まず最初に思い浮かぶのはやはりお薬でしょう。

ここでは爪水虫にはどんながあるのか、その効果はどうなのか、また、病院ではどんな治療法があるのか?

そして最近話題になっている、”病院に行きたくない人の強い味方”になってくれそうな商品について紹介していきます。

Sponsored Links




爪水虫にはどんな薬がある?

爪水虫にはどんな薬があるのでしょう。

市販の薬はあるのかどうか、あるとすれば効果はどうなのか…。

基本的には、爪水虫には塗り薬飲み薬が使われますが、自宅での治療は根気とコツが必要だといえます。

それぞれの特性を踏まえて説明していきますね。

 

塗り薬

薬局など、市販でお手軽に購入できる反面、爪水虫を完治させるには一苦労です。

軽度の爪水虫であっても、きちんと治しきらなければ何度も再発してしまうため、一時しのぎであまり意味がないという残念な意見が多いのも事実。

妊婦さんや腎臓・肝臓の弱い人などでもできる治療方法ではありますが、時間が長くかかってしまいます。

爪の内側まで浸透しづらいので、爪に浸透しやすくする工程(爪がボロボロになっている部分を削るなど)が必要になったりもするのです。

 

飲み薬

副作用が出る可能性があるため、医師の処方が必要になります。

しかし、内側から作用するため、短期間で確実に爪水虫を治していくことが期待できるのです。

塗り薬と反対に、妊婦さんや腎臓・肝臓の弱い人などは服用できず、健康な人であっても血液検査を必要とします。

“ラミシール”や“イトリゾール”という成分を服用するのですが、インターネットなどで販売しているものを購入して服用するとなるとリスクが非常に高いので危険です。

とくに飲み薬ということで、直接胃や腸などの臓器に関わることですし、血液の流れによって爪先まで運ばれますから、何か起きてからでは遅いのですね。

医師の判断のもと、定期的に血液検査を行いながら服用しておくものになります。

 

Sponsored Links




爪水虫 病院での治療法は?

爪水虫を治すには、市販の塗り薬やインターネットなどの通販で飲み薬を購入することが、あまり堅実ではないことがお分かりいただけたと思います。

それなら病院に行って治療を受けた方が、時間の面でも費用面でも結局はお得だと言えるかもしれません。

爪水虫は人にうつりやすいという側面もあるので、できるだけさっさと治したいところですから。

とは言え、「病院はイヤだなぁ~…ちょっと怖いし」というあなたに、さきほども少し触れはしましたが、実際に病院に行くとどんな治療をするのか?について説明していきます。

 

爪水虫は何科?

その前にひとつだけ確認しておきたいのが、爪水虫で病院にかかる場合、何科に行くのか?ということですね。

爪水虫の場合は“皮膚科”に行くのがてっとり早いです。

それだけで行くのはなんだかなぁという場合には、皮膚科を併設している(ほかにちょっとした気になることがあれば)病院に行くと、気持ち的にも多少は楽になるかもしれません。

 

爪水虫は病院でどんな治療をするの?

それでは本題に入っていきましょう。

爪水虫を病院で治療する場合、複数の方法があります。

 

《方法①:飲み薬で治す》

こちらはなんとなく説明しましたが、飲み薬を服用することで治す方法です。

毎日1錠服用する方法と、パルス法という、1日2錠を7日間続けたあとはお休みするのを毎月繰り返す方法が主です。

半年ごとを目安に検査をして、完治しているか・副作用が出ていないかなどをチェックします。

完治していなければまた薬を飲み続けることもありますし、薬の種類を変えることもあるとか。

副作用や血液検査というデメリットはありますが、最も簡単で完治する割合も高い治療法といえそうです。

 

《方法②:レーザー治療で治す》

レーザー治療で治すという方法もありますが、この治療法最大のデメリットは“保険適応外にあること”です。

それも、1回やったら終わりというわけにもいかず、これも大体半年~1年くらいは、完治するまでにかかります。

完治させなければいつまでも再発し続けるわけですから、そのたびにレーザー治療をしていく必要がありますね。

その代わり血液検査や副作用はなく、すでにほかの病気の治療などで薬を服用していても全く問題はないそうです。

完治する割合は、レーザー治療も飲み薬もそこまで変わりませんが、金銭的な負担は飲み薬の1.5倍~4倍と、お財布への負担が大きい治療法ではあります。

 

《※検査方法について》

もうひとつ覚えておいてほしいのが検査方法についてです。

基本的には、医師による目視で判断できるのですが、多くは爪をすこし削り取って、顕微鏡などで菌がいるかどうかを視てみるという方法です。

削る爪は先のほうなので、もし塗り薬を使っていれば、先端のほうの菌はいなくなっているので「爪水虫ではない」と判断されかねません。

病院に行くと決めたら、塗り薬は塗らないようにしておくのが懸命でしょう。

 

Sponsored Links




爪水虫だけど病院には行きたくない(行けない)人に人気の商品

最近、ネットを巡っているとやたら紹介されているのが、”クリアネイルショット”という爪水虫に特化したジェル。

個人的には病院での治療が一番早くて確実かと思いますが、こちらの商品もかなり人気があるので、どんなものなのかを紹介しておきます。



通常、薬局などで市販されている塗り薬は、「水虫に効果がある」というものですよね。

水虫に効果があるということは、水虫の原因である白癬菌に効果があるということになるのですが、このクリアネイルショットは薬ではありません

言葉の表現の問題になりますが、薬ではなく爪水虫専用のジェルなんです。

しかしその効果は市販の水虫薬なんて比較にならないくらいだと言う声もあるほどなので驚きですね。

爪水虫を治療できる唯一のジェル(ある意味塗り薬)ということになるのかもしれません。

なぜそんなことが可能なのかというと、簡単に言ってしまえば、爪の表面からでも内側までしっかり浸透するようなつくりになっていること。

※画像:公式ホームページより

親油性という爪の表面の性質を活かして、成分をしっかりとすばやく浸透させることができるのですね。

さらに、1日1回入浴後に塗るだけのケアで良いので、面倒くさい通院や検査などが必要ないというのも、病院を敬遠する方には大きな魅力でしょう。

それだけではなく、爪そのものを健康にするための成分も配合されているので、元の爪よりもきれいになったという人もいるくらいです。

そして…忘れてはいけないのがコストパフォーマンスですよね。

価格は1か月で3000円前後(購入数により変動)を高いと考えるか、安いと考えるか、妥当だと考えるか…。

全額返金保証がついているのと、セールスなしの電話相談を受け付けてくれているのは安心要素ですね。

半月以上の使用でも効果が実感できなければ、返金してもらうことができます。

※細かい規定はありますが、要約すると“15日以上使っても効果が出なければ25日以内であれば返金できますよ”という保証です。(未使用のものはNGだったり、複数購入の場合は1個分になるというのも忘れずに覚えておいてください。)

つまり15日も使えば効果が出てくるし、確実に使ってダメなことなんてよっぽどない!という開発者たちの自信のあらわれのような保証内容なんですね。

試してみる価値はあるかもしれません。

詳しく知りたいという場合には公式ホームページをチェックしてみてくださいね!

81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

 

爪水虫は根本から完治しておきたい!

爪水虫は、再発率や感染率が非常に高く、できるだけ早く確実に治すのが大事なポイントです。

きちんと効果のある治療や薬を使用して、できるだけ清潔な状態で乾燥させておくと治りが早くなるということです。

通常の水虫と違って表面に出ているわけではないのが厄介。

分かりにくくて治しにくいですが、そのまま放置しておいて得することは何一つありませんので、あなたに合った方法でばっちり完治させてしまってください!

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ