赤ちゃんのアトピーの初期症状はこんな感じ!対処法は?


赤ちゃんの湿疹、「これってもしかしてアトピー?」

赤ちゃんに湿疹ができていて、かゆがっている姿を見ると心配になりますよね。

「これってアトピーなのかなぁ?」

そう心配するあなたのために、今回は、この2点に重点を置きました。

  • 赤ちゃんのアトピーの初期症状はどんな感じなの?
  • アトピーの初期症状があらわれたら、どう対処すればいい?

大丈夫!

乳幼児期に見られるアトピー症状は、大人のものと違って、成長とともに軽くなって治癒することが多いと言います。

ですので、落ち着いて対応してあげてくださいね♪

Sponsored Links




赤ちゃんのアトピーの初期症状ってどんな感じ?

赤ちゃんのアトピーの初期症状は、皮膚がカサカサしたり、赤く炎症をおこしていたり、湿疹が出ていたり、かゆがったりなど、赤ちゃんには良くある症状なので、乳児湿疹や赤ちゃんニキビなどとの見分けが難しいものです。

atopi-mimi10

出典:plaza.rakuten.co.jp

アトピーの特徴としては、最初は頭部や顔から始まるのですが、少しずつ下がっていって、耳や耳裏、ひじ・ひざの関節部分が切れたり、カサカサ、かゆみなどの症状がでてくる場合が多いこと。

かゆみは長い期間続いて、かくと症状が悪化し、ジュクジュクの状態に。

赤ちゃんにアトピーの症状があらわれる時期としては、早ければ生後1~2ヶ月頃から湿疹が見られることがありますが、

同じ時期にほとんどの赤ちゃんは「乳児湿疹」を経験するので、この段階での判断はお医者さんでも難しくて、お医者さんによって診断名が違ってくることも。

 

※生後1カ月から1カ月半頃に、ほとんどの赤ちゃんに見られるのが、ほほやおでこの部分中心の湿疹で、これは「乳児湿疹」と呼ばれるもの。

うちの子もスゴかったです…乳児湿疹。

 

ウチの3番目の子なんて、1か月にもならない時点ですでに顔中ブツブツでした。

今ではすっかりツルツルですけど、その時は本当に心配したものです(笑)

 

ただ、親御さんやご兄弟がアトピーなどのアレルギー症状がある場合、赤ちゃんもアトピー性皮膚炎である可能性が高いという判断基準もあるので、その旨をお医者さんに伝えておくと良いでしょう。

Sponsored Links




赤ちゃんにアトピーの初期症状が!対処法は?

まずは小児科を受診…なのですが、今すぐには行けないっていう場合もあるでしょうし、ここではお医者さんでもらうお薬以外の対処法を紹介しておきます。

092135まずは赤ちゃんのスキンケア!

赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげることが大事。

入浴・もしくは清浄綿などで拭いてあげた後は、保湿剤を多めに塗ってあげてください。(1日3~4回が目安)

ウチの息子もアトピーとは診断されなかったものの超乾燥肌で、すぐ湿疹ができて、ひどい時は痒くて眠れなった時期も多々ありました。

赤ちゃんの時期からの保湿は本当に大切で、毎日の保湿でアトピーの発症が3割も減ると言われてるんですって。

なので、保湿ケアは欠かさずにしてあげてくださいね。

実は私、最近すごい保湿ローションに出逢ってしまってしまって、超乾燥&敏感肌の息子も見事に改善したので、こちらにまとめておきました。参考までに。

>赤ちゃんにも安心して使える最強保湿ローション発見!

 

092135赤ちゃんの肌に触れる下着や服は肌に優しい木綿を!

もちろん清潔なものを使うのが大事なのですが、お洗濯にも注意が!

洗濯洗剤が粉となって残らないように、すすぎを十分に行うこと

洗濯機ならすすぎの時間を長く設定し、漂白剤は使わず、洗剤もできるだけ少なめに。

 

092135赤ちゃんの敷布団や掛布団も清潔に

最近ではレイコップが人気ですが、ない場合でも掃除機(専用ノズルをつけて)などでダニ対策をお忘れなく。

 

092135絨毯(じゅうたん)はできるだけ取ってしまいましょう!

ホコリやダニの宝庫である絨毯は、この時期できれば家の中に無い方が良し

撤去出来ない場合は、念入りなお掃除を!

 

以上、それぞれ些細なことのように思われるかもしれませんが、赤ちゃんのお肌は本当に繊細。

こんな些細なことが大切になってくる…というのがおわかりいただけたかと思います。

あとは、お医者さんで処方されたお薬で、さらなる改善を!

なのですが、ここでも少しポイント。

 

お薬について

あまりにジュクジュクしている場合には、ステロイド系のお薬を処方されると思います。

ステロイドと聞くと「恐い薬じゃないの?」って思いがちなのですが、お医者さんの指示通りに塗ってあげて欲しいのです。

まずはかゆみを止めてあげないと、掻きむしるとどんどん悪化してしまいます。

それと、内服薬を貰う場合もあるかもしれませんが、これはあくまでも「かゆみを抑えるお薬」で、アトピーを治すお薬ではないので、勘違いのないように!

お医者さんでしっかり内容を聞いておきましょう。

こちらもお医者さんの指示通りに!

 

サプリの活用

それでもやはり「出来る限りお薬に頼りたくない!」というママの気持ちもお察しします。

そんな時は、サプリを試してみるのも一つの手。

敏感でデリケートな子供さんのために開発されたサプリが最近注目を集めています。

詳しくは公式ページ(↓画像をクリック)でご確認ください。

 

離乳食の初めが最高潮!

赤ちゃんのアトピーは、改善したり悪化したりしながら、しばらくは続いてしまいます。

原因として多いのは食物アレルギー。

食べ物としては、玉子・牛乳・小麦粉・大豆の場合が多いと言われています。

ですので、離乳食を始める5~6カ月頃くらいに赤ちゃんのアトピーは最高潮になるけど、1歳をすぎると顔の炎症は治まっていって、2歳頃にはアトピー自体が治癒する場合が多いと言われています。

ですので・・・

「なんで治らないのよ~(><)!」

「なんでまた湿疹が!?」

と焦らず、

「これを繰り返しながら良くなっていくのね~♪」と我が子の成長を楽しんであげてください。

ママも大変なのですが、ママのストレスは赤ちゃんにすぐにうつるので、それで悪化・・ということのないように。

「あの時は、夜も眠れず大変だったなぁ~(o´Д`)=з」

って、笑って言えるいい思い出になりますように。。。

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ