葛根湯の正しい飲み方とは!食前?食後?ベストタイミングなど


「なんだか風邪っぽいから葛根湯を飲んでおこう!」

風邪のひき初めには葛根湯でしょ!」

と、長く愛用している人でも、意外とご存知ないのが「葛根湯の飲み方」

実は私、久しぶりに葛根湯を購入して、いざ飲もうと思った時に、ふと悩み始めました。

 

葛根湯は漢方の一種なんだよね…。

漢方は正しく飲まないと効果がないとも聞くし、せっかくだからきちんと確認しておかなきゃ!と。

というわけで、今回は、いつ飲めばベストタイミングなのか?など、葛根湯の正しい飲み方について紹介していきます。

また、葛根湯は顆粒・錠剤・液体など、結構種類も豊富です。

となると、薬の状態で効果が違うのか?というのも気になってきましたので、こちらも併せて紹介しますね。

Sponsored Links




葛根湯の正しい飲み方!食前?食後?溶かすって本当?

まずは葛根湯の正しい飲み方を紹介していきましょう。

薬といえば食後のイメージがあるかと思いますが、漢方薬は基本的に食前もしくは食間に服用するものが多いです。

葛根湯もやはりそのひとつで、

 食前もしくは食間の服用が望ましいのですね。

 

ちなみに、

食前というのは食事の30分前くらい

食間というのは、文字通り食事と食事の間で、前の食事から2時間以上あけた時間のことを言うので覚えておいて下さいね。

 

葛根湯が食前もしくは食間に飲むのが良い理由

これは、胃が空いているほうが、しっかりと葛根湯を吸収し効果を発揮できるからなのですね。

食後に飲むのもダメというわけではないのですが、胃に食べ物が入っている場合には吸収率が下がって効果も薄れてしまうんですよ。

また、葛根湯は水またはぬるま湯で飲むのが理想的だといわれています。(他のお薬でもそうですね…)

しかも、できるだけ人肌に近い温度だとGOODです♪

コップ1杯(200ml)くらいを目安に飲んで、そのあと最低30分は、ジュースや牛乳・コーヒーなどの飲み物も服用を避けましょう!

 

 葛根湯の飲み方を調べている中で、「お湯に溶かして飲むと良い!」という方法を発見しましたが、

もともと体を温める効果のある葛根湯ですから、お湯と飲むとお湯でも体温が上がりやすくなるだけのことで、それほど特別な効果が期待できるものではないようです。

 

Sponsored Links




葛根湯!錠剤・液体・顆粒、効果は違うの?

さて葛根湯に限ったことではないですが、錠剤・液体・顆粒という薬の状態で効果が変わるのかどうかを調べてみたのでまとめていきますね。

それぞれの特徴と共に説明していきますので、参考にしてみてください。

 

錠剤タイプ

《錠剤のメリット》
  • 漢方の苦味を感じにくい
  • 飲み込みやすい
《錠剤のデメリット》
  • 効果が出るまで時間がかかりやすい
  • 胃に負担がかかりやすい
《錠剤がおすすめな人》

とにかく漢方薬の味がどうしても苦手!という人にはおすすめです。

液体や顆粒のようにこぼれる心配がなく、適量を服用できるという点もあります。

個人的にはできれば顆粒・液体がおすすめだと感じました。

 

液体タイプ

《液体のメリット》
  • 即効性がある
  • 水を用意しなくてOK
《液体のデメリット》
  • 価格が最も高い
  • 常備に不向きである
《液体がおすすめな人》

すぐに効果が欲しい!という人には圧倒的に液体がおすすめです。

常温もしくは少し温めて飲むとより効果がUPが期待できるとか。

ほかのものと比べて、保管や常備といった面では劣るのが特徴です。

 

顆粒タイプ

《顆粒のメリット》
  • 価格が最も低い
  • 1回分ずつ包装されている
《顆粒のデメリット》
  • 飲みづらい
  • 水やお湯が必要
《顆粒がおすすめな人》

最もバランスが良いのが顆粒です。

保管・携帯・コスト面では優れる反面、漢方のデメリットが目立ちますね。

液体と比べてみると、効果が出るのに10分~30分くらいかかるので、そこがネックにならなければ一番おすすめかもしれません。

 

Sponsored Links




葛根湯を飲むベストタイミングは?

さいごに葛根湯を飲むベストタイミングについて再度確認しておきましょう。

それぞれポイントを解説をしていきますので、一緒にチェックしておいてくださいね。

 

食前もしくは食間

食前もしくは食間の、胃にものが入っていない状態で飲みましょう。

食べものはもちろん、飲み物も入っていない状態が最善。

 

風邪の引き始め

葛根湯は風邪ならなんでも治せるというわけではありません。

基本的には風邪の引き始めに飲むもので、頭痛や肩こりを伴う風邪には効果が期待できますが、発熱や喉の痛みがある場合には効果が出ないことが多いです。

→葛根湯の効果まとめ

 

体力があるとき

漢方は元来、その人の体調・体質に合わせて服用をするという薬です。

葛根湯は簡単にまとめると「体力がある健康的な人の風邪の引き始めに有効」という漢方なので、

体力がないとき虚弱体質の人・胃腸の弱い人などには効きにくいのですね。

日常生活が送れないほどの症状や、元々からだが丈夫ではないような人にはおすすめできないので、注意してください。

 

葛根湯も正しい方法で飲みましょう

いかがでしたか?

あなたの認識とピッタリだったでしょうか?

私はまだまだ認識が甘かったようで…(;’∀’)

風邪薬を飲んですぐに飲食してたこともありますし、冷た~く冷やした水で飲んでいたりもしました。

葛根湯にはベストといわれるタイミングや飲み方があるものなんですね。

錠剤・液体・顆粒といった薬のタイプにも、それぞれメリットやデメリットがありました。

これからはせっかく知った知識を生かして、効果的に活用していきたいものです。

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ