エビデンスの意味!ビジネスでの使われ方!一般企業・ITや医療など


evi
 

「エビデンス」!働く上で欠かせない用語の一つ。

意味が分からないと仕事が進まなかったり、対応できなかったりと困ることも多いですよね。

就職したばかりだったり、

転職したてで聞きたいけどなかなか聞けなかったり、

知っている意味と違う気がしている場合には要チェック!

 

今回は

  • 「エビデンス」の意味
  • ビジネスシーンでの使われ方
  • 一般的な企業・ITや医療・看護など、業界ごとにもつ意味
について解説していきます。

 

Sponsored Links




 

エビデンスはそもそもどういう意味?

そもそもエビデンスとは英語で、【証拠・証言・形跡・根拠・痕跡】などといった意味をもつ「evidence」に由来する日本語です。

いわゆる「横文字」といわれるものですね。

e86
 

日本ではあまり日常会話で使われることはなく、使うとすれば英語としてでしょう。

「和製英語」とは違い、海外でも上記の意味であれば伝わり、完全なる日本語とは言いにくいものがあります。

しかし使われ方や業界などによって意味が全く異なってくるような場合もあり、

「自分の知っている意味と違う!」と思う場合もあるようです。

 

日本語として使われる場合には、前後の文章によっておおよその意味を推測することができるでしょう。

例えば「エビデンスは何ですか?」と聞かれれば「根拠(証拠)は何ですか?」と聞かれているとは思えますが

「証言は何ですか?」「形跡は何ですか?」と聞かれているとは考えにくいですよね。

「エビデンス」は日本語と英語の間のような、実に汎用性の高い言葉であるといえます。

 

エビデンスの意味!ビジネスでの使い方

それでは、ビジネス上でのエビデンスの意味や使い方について見ていきましょう。

ビジネス用語として使用する場合、エビデンスとは「証拠」の意味で使われます

308a
 

発注書や契約書・請求書などの書面はもちろんですが、

最近増えている電子媒体やメールにおいてもエビデンスが使われることがあります。

要は「この書類(文面)を契約の証拠としますよ」という宣言のようなものです。

 

例えば、「エビデンスを確保しておいて」と上司に言われた場合、

「先方の了承を取れるようなメールや書類(発注書など)を証拠として確保しておいてくれ」という意味になります。

 

「今進めている案件のエビデンスについてお話したい」と取引先に言われた場合、

「今進めている案件の詳細を証拠としてお互いに形成したい」というような意味合いで受け取るのが良いでしょう。

とくに重要な契約や約束事・発注個数や納期などといった、いざという時に必要な内容に使われます。

 

 

Sponsored Links



 

エビデンスの意味!ITや医療・看護など業界によって色々

最後に、エビデンスの業界別の使われ方について解説していきます。

根本的に、ビジネスシーンにおいては上記のような使い方がされるのですが、特定の業界ではまた異なる場合もあります。

とくに転職先や取引先の業界に該当した場合は、覚えておかないといけませんね。

 

IT業界の「エビデンス」

IT業界においては、データやプログラムが正常である証拠といった意味合い使われます。

また、【システムが正常稼動しているかどうか】などという意味としても使われ、

「エビデンスはどうなっている?」と聞かれた場合

「プログラムが正常稼動している証拠はどうなっている?」という意味で、

ここでの証拠とは、該当するプログラミングが正常稼動しているというデータやスクリーンショット・ファイルなどのことを示します。

場合によっては画面を印刷したり、データファイルを提出したりといった指示で使われることもあるので、

推測しきれない場合は確認しておくことが必要です。

 

医療業界の「エビデンス」

医療業界においては、多くの場合「この薬や治療法の有効性を保証する」といったような意味合いで使われます。

要は「効果がある証拠」みたいなものですね。

「エビデンスをくれ」と言われた場合、臨床試験や成分データなどの分かりやすい証拠を提示する必要があります。

研究論文などが用いられる場合もあるので、相手がどの程度のエビデンスを求めているか確認した方が無難です。

 

不動産業界の「エビデンス」

不動産業界においては、「その土地や建物の価値を示す具体的な証拠」ととらえておくとわかりやすいです。

例えば、マンション購入をすすめる際に「このマンションのエビデンスはありますか?」と言われたりする場合があります。

この場合には、「このマンションの現在の価値を示す証拠はありますか?」という意味にあたり、

価格査定の書類や、実際に売りに出ている価格の資料を用意する必要があります。

「実際にその土地や物件を第三者から評価したもの」が望まれているということですね。

 

銀行や金融業界の「エビデンス」

銀行や金融業界においては、融資を受ける際にエビデンスを要求されることが多いです。

要は、「エビデンスを提出してください」と言われた場合

「あなたの収入や身分について公的に証明できる書類を提出してください」という意味ですね。

ほかにも、振込みや送金などの場合にもエビデンスを要求されるかもしれません。

その場合は「用途をハッキリ提示できる書類を用意する」「お金の出所が犯罪などの絡まないものであると証明する」ということが挙げられます。

 

さいごに

「エビデンス」。

一般的な意味も各業界での使われ方も、そんなに程遠い意味ではないものの、

やはり少し幅のある解釈が必要なようですね。

私は商社勤めでしたが、やはり「エビデンス」という言葉は日常的に飛び交っており、

主に伝票(納品書や請求書など)のことを指していました。

要は「証拠」と思っておけば良いのですが、
  • どんな証拠なのか
  • 実際にどんなものを提示すれば良いのか
使われるシーンや業界によって、多少か異なるということを覚えておくと良さそうですね。

エビデンスという意味合い上、重要度が高いことは間違いないので、

必要に応じて確認することも忘れないでくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ