赤ら顔の原因と病院(皮膚科)での治療&自分で治す(改善)方法も!


赤ら顔の原因って何なのでしょう?

「あの人、顔赤くない?」

って思われているんじゃないかな・・・。

と、気にすれば気にするほど、ひどくなるような感覚になりますよね。

 

秋冬の暖房シーズンは特に辛い・・・という人も多くいらっしゃいます。

そんな外気との気温差の他にも、赤ら顔の原因はいろいろと考えられます。

ここでは、赤ら顔の原因と治療・対策法をまとめています。

Sponsored Links




 

赤ら顔になる原因とは

赤ら顔になってしまうのは、どんな原因が考えられるでしょうか。

敏感肌の人に多くみられることや、生まれつきの体質から出る症状もあれば、そうでない場合もあります。

あなたはどれに当てはまりそうですか?

458450

reten05-003 赤面症

緊張やストレス、人前に出たときなどに急激に赤くなるタイプ。

メンタルに関係してくるので、治療方法はメンタル面でのものになり、根気が必要です。

 

 

reten05-003 アルコールによるもの

アルコールに対しての免疫力の問題ですので、治療は困難です。

逆に「急に発症した」という事も少ないので、生まれつきの体質だと言えます。

 

 

reten05-003 肝臓疾患

大量にアルコールを摂取している場合や、体質の問題などで起こります。

肝臓が弱る事で、血液の循環がうまく出来なくなるり、頭に上った血が元に戻りにくくなってしまって赤ら顔に。

これが原因の場合は、食生活の改善、生活習慣の改善なども含め、早期に対処をする必要があります。

体内に取り込まれた栄養素の分解がうまく出来ず、その働きが衰えると新たな疾患に繋がりますのでしっかり治療しましょう。

胃腸の働きが弱まっても同じような影響が出ます。

 

 

reten05-003 皮膚が薄い

赤ら顔の原因としては一番多いのがこのタイプ。

皮膚の2層目には毛細血管が集中しています。

通常は、1層目の皮膚で見えないのですが、1層目の皮膚が薄い場合、毛細血管が透けて赤く見えてしまいます。

さらに、マッサージを頻繁に行ったり、ゴシゴシと洗う事でも皮膚を傷めてしまいます。

ピーリング剤が配合されている洗顔料などでも起こる事があり、もともと薄い角質層を削ってしまう事で影響が出ます。

肌が削れて薄くなると、赤くなるだけでなく、血管が浮き出やすくなったり、免疫が衰えて炎症を起こし、ニキビや肌荒れの原因にもなりますので注意しましょう。

この炎症が原因で赤ら顔が悪化する場合もあります。

 

 

reten05-003 肌トラブルを持っている

上でもお話ししたように、肌が荒れると炎症を起こすため皮膚は赤くなりますね。

ニキビ・吹き出物・かぶれなど、様々な原因がありますが、その影響で強い赤ら顔を発症する事があります。

なぜかと言うと、トラブルを繰り返す肌は長い間炎症状態になりますので、その赤みが色素沈着として残ってしまうからです。

肌が弱く、トラブルを繰り返してしまう場合は、病院で適切な治療をして、早く治しておくことが大事です。

 

 

reten05-003 寒暖の差

冒頭でも出ましたが、温度の変化によって毛細血管が太くなってしまい、赤ら顔になってしまいます。

 

なんとなく、あなたに当てはまる原因は見つかりましたか?

次に治療・対策法を見ていきましょう。

赤ら顔の治療方法と対策

ここでは、病院や美容外科などでの治療方法と

自宅で自分で出来る対策・改善方法を分けて紹介します。

 

病院

まずは皮膚科を受診します。(必要に応じて形成外科などへの紹介もあり)

敏感肌やニキビなどの肌トラブルを改善するとともに、毛細血管を縮小する治療を行います。

レーザー治療・IPL(光治療)など。

ですが、レーザー治療以外は保険適用外ですので、自費治療になります。

肌に合わせたスキンケアの方法などの提案してもらえるのでおすすめです。

 

美容外科

注射・点滴を行う方法と、機器を使う施術を紹介します。

 

  • IPLフォトフェイシャル

美肌作りに効果的で、広範囲に渡って全体のトーンを明るくします。

 

 

  • Vビーム

赤ら顔や毛細血管の拡張に効果的です。

皮膚の他の部分に合わせて色味を整えていく治療です。

 

 

  • アンチエイジング点滴

肌のコンディションを整える事でニキビ治療にも使われます。

 

 

  • プラセンタ注射

肌の内側から調子を整える事で、肌本来の力を引き出します。

 

 

自分で改善する

 

  • 食事の見直し

インスタント食品や脂質に偏った食事は、皮脂の分泌量が増え胃腸への負担も大きくます。

バランス良く食事を摂る事で肌の回復力も高まります。

 

 

  • 睡眠時間

心身共にストレスを解消でき、肌の回復を促す成長ホルモンを十分に分泌させましょう。

 

 

  • 嗜好品は量を決める

糖分やタバコのニコチン・カフェインなどは肌の回復を妨げる場合があります。

赤ら顔で悩んでいる場合は意識的に減らしましょう。

 

 

  • 洗顔の見直し

物理的な刺激を避ける事も有効です。

自分の肌に合っているかどうかを再度確認しましょう。

 

 

  • 適度な運動

顔周辺に集まった血液を循環させる事で赤ら顔を調節します。

冷えている部分をストレッチする事で血液を循環させる方法もありますが、

過度な運動は逆効果になってストレスになりますので注意しましょう。

 

 

  • ストレス

精神的なストレスでも起こりますので、ストレスを極力減らす環境を整える事も大切です。

身体的な疲れが精神のストレスになりうる場合もありますので意識してリラックスを心がけましょう。

 

 

  • スキンケアを見直す

肌に合わないスキンケアは当然良くありません。

皮膚の機能が低下しているのですから、いつも以上に気を使いましょう。

また、赤ら顔対策のスキンケアとしては、以下のものが人気です。

 

heart13-003 ティモティア

オールインワンクリームです。

赤ら顔に欠かせない成分『セラミド』を、特殊製法によってしっかり補うようにできていて、肌のバリアを強化。

強い乾燥からも守ってくれる最強クリームです。

まず500円でお試しができるので、自分の肌に合うのか確認できるのが嬉しいですね。

詳細はこちら↓

乾燥が強い敏感肌に「液晶セラミド」が効く

 

heart13-003  アカラフォーミュラ

無添加で保存料も使用していないので、開封後6カ月以内に使い切る必要があります。

空気に触れさせないための『エアレス式容器』を使用していて、使い切るまで肌への負担を極力減らすように出来ているのが特徴です。

少し高価なのがデメリットですが、その分効果には期待できますね。



 

 

これはやってはダメ!注意ポイント

 

  • メイクは極力控える

赤ら顔を隠したくなり、ついつい厚塗りになりがちなメイクですが、そのメイクがダメージを大きくしていきます。

また、クレンジングもしっかりしなくてはいけなくなるので、肌を削って皮膚を傷つけてしまう原因になります。

 

 

  • 赤ら顔に対して考え過ぎない

どうしても気になってしまうので難しいところですが、考え過ぎるとストレスになります。

そのストレスが更に悪化させてしまうことも。

どうしても気になるようでしたら、受診して治療していくことで、心も軽くなるかもしれません。

 

 

最後に

赤ら顔に悩む方はたくさんいらっしゃいますが、

多くの方が、「体質だから・・・」と諦められているようです。

まずは、自分で出来そうな簡単な方法を試してみるも良し、

本格的に病院で治療を始めるも良し、

諦める前に出来ることもたくさんありますので、

是非あなたに合った方法から試してみて頂きたいと思います。

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ