筋肉太り解消(痩せる)方法!筋肉を綺麗に落としてスリムに変身♪


引き締まった腕や脚は素敵ですが、、、

あまりにも筋肉がつきすぎるのも困りもの。

昔やっていた部活などでついた筋肉、

引退してずいぶん経つのにどうしてこんなに取れないのか……。

 

そんな悩みを抱えるあなたへ!

今回は、筋肉太りの解決(痩せる)方法についてご紹介します♪

筋肉太りだから仕方ない?

諦めるのはまだ早い!まずはチャレンジしてみてください★

Sponsored Links




 

筋肉太りとはどんなもの?

そもそも筋肉太りとは、腕や脚などの周りの筋肉が発達しすぎて太く見えてしまう状態のことです。

筋肉には、大まかに分けて2種類あります。

 
  • 赤筋(遅筋):酸素と結びついて発達し、持久走など有酸素運動で使われる。
  • 白筋(速筋):酸素を使わずに発達し、無酸素運動で使われる。
 

中でも白筋は、瞬発力が使われる短距離走や球技などで鍛えられ、大きく肥大するため、筋肉太りの原因となっていると言われています。

 

ではこの白筋がどのようにして肥大するのかと言いますと、

 

負荷の大きな運動により筋繊維を傷つける



運動後、乳酸が溜まっていく



溜まった乳酸を薄めるため、白筋が肥大する

 

このような流れで白筋は肥大し、大きな筋肉がついてしまいます。

そのまま、引退などでスポーツをしなくなると、

血液の流れが悪くなり、肥大化した筋肉が老廃物と結びつきカチカチに固まってしまいます。

さらにそこに脂肪がついてしまい、ますます落としにくい筋肉太り状態に……。

逆に、ムキムキ筋肉がほしいという方は、負荷の大きな激しい運動をした後2~3日休ませて、また運動するというサイクルをつくると、どんどん筋肉が大きくなり引き締まった体になれちゃうワケです。

 

筋肉太りを解消!痩せる方法とは

では、この長年放置して固まってしまった筋肉太りをどうやって改善するのか。

まずは、今後同じような太り方をしないよう、筋肉太りの予防方法も一緒に見ていきましょう!

0f1

reten05-003 姿勢を良くする

実は、筋肉太りをしている方の多くが、「姿勢が悪いために必要以上に筋肉を使ってしまっている」と言われています。

姿勢が悪いと骨盤が歪んでしまうため、不自然な筋肉の使い方をしてしまう上に、太って見えてしまいます。

まずは普段の背筋をまっすぐ張り、正しい姿勢作りを心がけましょう!

 

 

reten05-003 使った筋肉は揉みほぐす!

筋肉は使ったら、極力ほぐしてあげるようにしましょう。

毎日長距離の通勤・通学をする人は脚を、重い物をよく運ぶ人は二の腕などを、お風呂でよく揉んであげることで筋肉はほぐれていき、筋肉太りの解消と共に防止にもなります。

揉み方は、さするように全体をまんべんなく揉みほぐします。

気持ちいいな~というくらいの力で、一日のご褒美を体に与えてください!

 

 

reten05-003 ウォーキングをする

負荷の大きい運動で大きくなってしまうのが、白筋という大きな筋肉だということは上で説明しました。

逆に、赤筋は有酸素運動など負荷の小さい運動でゆっくりと発達していきます。

ウォーキングは、負荷の小さい運動としては有名で、ウォーキングを続けることで赤筋は鍛えられ、逆に肥大した白筋は細くなっていきます

肥大した筋肉についた脂肪が落ちていくからです。

いくら負荷が少ないと言っても、あまり長時間ウォーキングをするとまた白筋が鍛えられてしまうので、息切れしない程度の早歩きを20分ほど、目安に行なってみてください。

終わった後のマッサージはお忘れなく!

 


筋肉太りは食事からも改善できる!

運動やマッサージだけではなく、筋肉太りは食事からも改善できるんです。

普段の食事に少しずつ取り入れてみてくださいね☆

 

reten05-001 温かい物を取り入れる

筋肉太りは、肥大した筋肉の血流が悪くなり、老廃物がついてしまうために起こる物だと説明しました。

温かい食べ物・飲み物は体温を上げ、血流を良くします。

特に生姜やネギなど、体温上昇や冷え性に効果のある食べ物を取り入れることで、凝り固まった筋肉をほぐすのに効果的です。

 

 

reten05-001 夜のたんぱく質は控える

筋肉をつくる主な栄養素は「たんぱく質」。

体づくりに重要なものですが、夕食の献立では”たんぱく質”は控えるようにしましょう。

朝・昼に摂取した分は日中に消費されますが、夜は主に休養する時間帯なので、体に取り入れたたんぱく質は使われずに蓄積し、余分な筋肉が構成されてしまいます。

また、糖分・脂質なども余分に蓄積し、脂肪になってしまうため、

夕飯は極力控えめに、朝・昼でカロリーのバランスをとれるようにするのが理想ですね!

 

 

reten05-001 疲労を解消するものを食べる

毎日筋肉を揉みほぐし疲れをとることは大事ですが、疲れにくい体づくりというのもとても大事です。

疲労回復に効果的な食べ物と言えば、豚肉や大豆に多く含まれるビタミンB1。

梅干しやフルーツに多く含まれるビタミンC。

これらの成分を積極的に取り入れると、疲れ知らずの体になり、毎日の揉みほぐしの効果も早く現れますよ!

 

 

最後に

ダイエット女子にとって筋肉太りは大敵ですよね(;’∀’)

スリムな体はほしいけれど、筋肉がついて太く見えてしまうのもちょっと違うし・・・。

ということで、

適当な筋肉を美しくつけたいものですね。

筋肉太りには、毎日のマッサージと軽い運動で、固まった筋肉を落とすのが一番!

ぜひ試してみてくださいね(*^^)v

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ