帰省ラッシュ お盆のピークはいつ?2016年の混雑状況を大予測!


夏の長期休暇 『お盆』

そして「お盆」と言えば、やはり帰省ラッシュ

毎年ニュースになるくらい、高速道路も公共機関も混雑する時期ですね。

できることなら、「少しでも混雑を回避したい!」と思うのは人の性。

というわけで、

今回は、2016年のお盆の帰省ラッシュのピークを回避するための情報を集めてみました。

Sponsored Links




 

2016年★お盆休みはいつからいつまで?

さて、まず気になるのは

今年(2016年)のお盆休暇はいつからいつまで?

ということ。

多少違いはありますが、一般的な日程をご紹介しておきますね。

 

基本的にお盆休みとは8月13日(土)~8月16日(火)の4日間です。

ただし年は8月11日(木)が山の日で祝日になるので、

11日(木)~6日間のお盆休みになる場合も十分考えられますね。

 

pencil03-003 暦どおりの職種の場合基本的にカレンダー通り!

という勤め先の場合は、13日(土)14日(日)の2日間がお盆休みになります。

え?土日・・・って(-_-;)

ただし、この前後が関わる休みの体制の場合は、この日にちを中心に前後する可能性が高いですね。

 

pencil03-003 大手や大企業の場合

接客業を除く大手企業の場合は、お盆が長くなる傾向があります。

少なくとも13日(土)~21日(日)までの9日間

山の日(11日)からの連休の場合は、11日(木)~21日(日)の11日間となり、超大型連休になりそうな予感です。

 

pencil03-003 変化球タイプの場合

近年ではお盆休みをずらす企業も増えていますので、なかなか予想しづらいのですが、

前の週の8月6日(土)をはじめとして、そこから15日(月)前後を終わりに、10日前後の連休にする企業も。

 

067567

2016年お盆の帰省ラッシュのピークはいつ?

さて、今年のお盆の帰省ラッシュのピークはいつになるのでしょうか。

今年は比較的分散されやすいとの見解が多いですが、そのなかでも傾向的に分析していきます。

 

363425 新幹線などの陸の公共交通機関

 

【下り:帰省ラッシュ】

ピーク:11日(木)~13日(土)

最も混むのは13日(土)であると予想されます。

11日(木)の深夜~混雑しはじめ、13日(土)は終日混み合う可能性が高いです。

11日(木)夜~、12日(金)夕方~、13日(土)朝~を考える人が多いので、その時間は避けたほうが良いでしょう。

 

【上り:Uターンラッシュ

ピーク:15日(月)~16日(火)

とくに15日(月)の夕方以降と、16日(火)の昼~夕方大変な混雑が予想されます。

自由席ですらぎゅうぎゅう詰めになる可能性が高く、

どうしてもこの日取りが良い場合は、始発や深夜発のものを選ぶことで、なんとか座席を確保できるでしょう。

また17日(水)~始業の方が多いので、それ以降数日に上りを利用する場合は早朝と帰宅時間は避けたほうが良いでしょう。

 

 

303498 飛行機などの空の交通機関

飛行機に関しては国内便と国際線で少々差がありますが、全体的に空港が混み合うタイミングに焦点を合わせていきます。

 

出国ラッシュ:8月13日(土)朝~昼過ぎ頃

Uターンラッシュ:8月16日(火)午前

 

いずれも空港からさらに自宅へ帰ることを考えて、これよりも半日~1日前倒しで動く場合も予想されるので、

混雑を避けたい場合は2日以上前か、現地滞在時間が短くなるようなタイミングで着く時間帯を選ぶことで、混雑を避けやすくなります。

 

 

471836 高速道路などの車移動

スタートが6日(土)と11日(木)、13日(土)の3日間予想されます。

このいずれかの前日深夜~当日朝が混雑すると予想されます。

 

帰省ラッシュ:12日(日)の深夜出発と13日(土)の早朝出発が混みやすい

Uターンラッシュ:15日(月)の昼~16日(火)の夕方頃までが最大

 

距離や休憩時間などで上手に調節して、存分に時間を使うのではなく、ちょっとゆとりを持ったスケジュールにすることで混雑を回避することができます。

お盆の帰省ラッシュのピーク時間!この時間帯は混む!

さて、次は時間についてまとめてみます。

さきほどもガッツリ解説しましたが、要はこの4つの法則です。

 

  • 連休スタート日の前日深夜
  • 連休スタート日の当日10時~14時
  • 連休終了日の前日夕方以降
  • 連休終了日の7時~12時

 

このいずれかに該当する場合、混雑のピークになることが多いです。

要は、到着後に時間をより長く確保するために動く人が多いということですね。

空の便の場合は、空港についてから車や交通機関での移動になるので、それを踏まえて設定する人が多いです。

時間帯も気にすることで、多少なり混雑を避けることができますよ。

 

最後に

大型連休も減り、ずらし休暇をとる企業も増えると予想される2016年ですが、やはりメインの13日~16日が基準になるようです。

有給休暇などでずらせるのであれば、前後に1日でもずらしてピークを避けるだけで、かなり楽な帰省ができるのですが。。。

帰省ラッシュやピーク時を避けて、上手にお盆休みを楽しんでくださいね♪

もし混雑時を避けられないようであれば、混雑しても有意義に過ごせるよう準備&対策をお忘れなく!!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ