下腹ぽっこり解消法!女性にありがちな原因とおすすめガードルも紹介


年齢のせいなのか、日々の堕落のせいなのか・・・・・・

気がついたら下腹がぽっこりになっている私(-_-;)

下腹ぽっこり歴、はや○年。

 

やっと、このぽっこりお腹と戦う気になってきたので、必至で調べました!

今回は、下腹ぽっこりの原因から解消方法、使えるガードルなど

”下腹ぽっこり三昧”でお届けします<(_ _)>

Sponsored Links




 

どうして下腹部がぽっこりするの?原因を探る!

まず、どうして下腹って出てきちゃうのか・・・・・・

そこが知りたくないですか?

知るのは恐いけど、ちょっと気になるでしょ(;’∀’)

 

下腹が出てしまう人って、運動が嫌いな人が多いんですって。

故に筋肉がないというのが特徴。

 

(⌐■_■):「奥さん、運動不足でお腹に筋肉がついていないから、下腹ぽっこりなるんですよ!」「要はサボり過ぎですよ!」

 

( ̄▼ ̄|||):「やっぱり知りたくなかった。。。」

 

お腹の筋肉がないと、内臓が下がってしまいます。

特に女性は腹筋が弱く、筋肉量が少ないことで基礎代謝量も少なく、肉がつきやすい体になっています。

そして、そのついたお肉の名前は【皮下脂肪】

140524皮下脂肪は、腹筋の弱さや筋肉量の少なさでもつきやすいのですが、もう一つ原因があります。

それは「冷え性」であること。

へそから下が冷えている人は要注意!

内臓を守ろうとして皮下脂肪が余分についちゃうんですって。

冷えによる「ぽっこり」は、男性よりも女性に多く見られる傾向なのです。

 

この他にも下腹が出てしまう原因として、便秘があげられます。

便が詰まっていることもありますが、中にはガスが溜まって下腹が出てしまう人もいます。

ですが、多くの場合は、やはり「運動不足で筋肉がなく・・・」ということでしょう。

 

 

もうやるしかない!!下腹ぽっこり解消方法!

下腹がぽっこりしてしまう原因は分かりましたが、どうしたらぽっこりが治るんでしょうか・・・・・・

ぽっこりの原因別にまとめてみました。

 

【筋力不足で洋ナシ体型になってしまった場合】

姿勢が悪かったり、肩や腰を曲げた生活をしているとお腹周りの筋力が低下して内臓を支えられなくなります。

そのため、下腹が出てしまうんです。

こうした理由でぽっこりしてしまった人は、内臓脂肪が結構ついちゃっています。

なので、食生活の見直しと運動あるのみ!

 

「運動は面倒だな~。」

「体力無いし無理だよ。」と思いますよね。

でも、筋トレのような激しいものではなく、ウォーキングのような有酸素運動をするだけでいいんです。

毎日30分以上、継続的に行うことで脂肪を減らしていけます。

日常生活の一部として時間を作って取り入れるのが一番の近道のようです。

 

 

【骨盤のゆがみで下腹ぽっこりになってしまった場合】

デスクワークなどで足を組んでいたり、鞄をいつも同じ肩にかけていたりするだけで骨盤は歪みます。

特に長時間同じ格好をしていると負担がかかりやすいんですよね。

そして、出産後も下腹ぽっこりになってしまう要注意ポイントでもあります。

そうした場合、骨盤の歪みを正しくして、内臓を元の位置に戻してあげることが下腹ぽっこりを治す唯一の方法ですね。

 

そのためには、整体院などで骨盤矯正を受けるのがオススメ。

でも結構な費用がかかりますので、時間的にも余裕がないと無理ですよね。

通院するのが難しい人は次の方法を試してみて下さい。

 

<簡単♪骨盤矯正体操>1.両足を伸ばして床に座ります。

2.枕をお尻につく位置に置いたら、枕がずれないように両手で押さえながら体を後ろに倒します。(この時、枕の中心がおへその真下にくるようにしてください)

3.きちんとした体勢で寝転がれたら、体の力を抜いて、お腹をへこませます。このとき、両脚先の親指はくっつけてハの字にしておきます。

4.顔をまっすぐに、天井を見つめ5分キープ。

これを5回1セットで、一日に無理のない程度に行いましょう。

 

 

【内臓が落っこちて下腹ぽっこりになった場合】

よくあるのが、全身は細いのに下腹だけが出ているっていう人。

わたしの母親は、まさにこのタイプでした。

確かに、胃が通常の位置よりも下がっていたし、栄養失調の子供みたいな感じになっていましたね。

こうした場合、内臓の筋力アップをする必要があります。

 

簡単なトレーニング方法を1つ紹介しますね。1.仰向けに寝て両ひざを立てます。

2.この状態で下腹に軽く力を入れて凹まします。

3.この姿勢のまま上半身をゆっくり起こして、おへそを見るようにして3秒キープ。

4.上半身をゆっくり元に戻します。

5回を1セットとして、1日2セットおこないます。

下腹ぽっこりにオススメなガードル3選

それぞれの下腹事情に合わせて解消法を実践しつつ、今度は下腹ぽっこりなのを綺麗に見せるガードルも試してみて。

少しでもスッキリ見えたら、オシャレが楽しくなるよね♪

 

heart13-003 ワコール 「デューブルベ ショートガードル」

wacoal出典:http://www.wacoal.jp/

下腹部をおさえて、すっきり見せてくれるガードル。

腹部押さえに効果的な「タミーカット」と、ヒップアップ効果が期待出来る「プリリカット」が特徴です。

ワコールというブランド力もあって、オススメです。

 

 

heart13-003 スパンクス 「レディース スーパーハイヤーパワーパンティ ガードル」

 

ストレッチ素材なので、締め付けすぎず、苦しくならないのがポイント。

おなかをしっかり抑えてくれるハイウエストタイプ。

お尻とウエスト周りをキュッと引き締めてくれますよ♪

 

 

heart13-003 ニッセン「下腹・骨盤周りすっきりハイウエストフルロングガードル」

nissen出典:http://www.nissen.co.jp/

通販からは、ニッセンのガードルを紹介。

通販なのでお値段もお手頃(2000円弱)♪

裏打ちパワーネットで、下腹部と骨盤を集中的に締めてくれるタイプ。

ウエストから太ももまで補整するロングガードルなので、パンツスタイルでも重宝しちゃいます。

 

 

最後に

下腹ぽっこり三昧の内容、いかがでしたでしょうか?

これを機に、ぽっこりを撃退する勇気と気力をお持ちいただけると幸いです。

誰の為でもなく自分の為に、いっちょ頑張ってみませんか(o^―^o)?

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ