ストレッチはいつやるのが効果的?どれくらいの期間で効果が出る?


「身体が硬すぎます!!」

ストレッチしてますか???」

先日、腰痛で整体に行ったら整体師さんに言われました(´;ω;`)

 

「いやいや、ちょっと忙しくて~・・・」なんて、ボソボソと言い訳してみたりするも、

すかさず言われてしまいました。

「身体が硬いと、腰痛になりやすいし、ストレスは溜まりやすいし、何も良いことがありません!!」

とどめの言葉が、

「身体が硬いと痩せにくいんですよ!!」って。

 

ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

で、

毎日少しでもストレッチするぞ!!って決めた私です(;^ω^)

Sponsored Links




 

でも聞き忘れたんですよね。

ストレッチはいつやるのが効果的なのか???

なので、ここは自分でガッツリ調べてみました!!

同じ決意のあなたにもシェアさせて頂きますね♪

一緒に頑張りましょう(9`・ω・)9

 

ストレッチはいつやるのが効果的?朝?それとも夜?

いざ!

毎日欠かさずストレッチをするぞ!!

と決意したものの・・・

 

せっかくやるのだから効果的にやりたい!!

というわけで、

ストレッチの効果が最大に期待できるのは一日のうちのいつなのか?

 

と調べた結果、答えは

ed80

なぜなら、起きたての時間(朝)は、一番体が硬い状態だからです。

眠っている間、人の筋肉や関節はじっとして動いているので、硬くなっている状態。

よく、起き掛けに腰が痛いとか、寝違えて首が痛い!なんてこと、ありますよね。

ずっと同じ姿勢で固まって寝ているからなんです。

 

なので、1日体を動かした後の夜の方がストレッチするのに適しているというわけです。

 

夜の中でも、一番良い時間は、入浴後から就寝までの間!!

筋肉は、温めると柔らかくなり、体の筋を伸ばしやすくなります。

また、風呂上りのストレッチは効果の持続性も高いといわれています。

体を温めることで、筋肉がゆるみ、精神的にも肉体的にもリラックスしている状態が一番、ということになります。

リラックスしている間は、副交感神経が活発になり、ゆっくりとストレッチをすることで、刺激された副交感神経が快適な睡眠を促してくれるんですよ。

一石二鳥の効果ですよね♪

 

また、寝る前にストレッチをすると、凝り固まった体をほぐす効果もありますから、

一日酷使した筋肉を調整してあげられます。

 

ストレッチするなら、入浴後~就寝までがゴールデンタイムと覚えておきましょう。

ストレッチって、どれくらいすれば効果がある?

ストレッチのゴールデンタイムがわかったところで、

次に気になるには、何分くらいすべきなのか?ってこと。

あまりに短すぎて効果がないのも嫌だし、無駄に長くする体力もないし(;^ω^)

 

まず、それを知る為に次の5点のポイントのチェックが必要です。

 

1.30秒以上かけて伸ばす

ゆっくりと、筋肉を伸ばすことが大事です。

でも、長すぎてもいけません。

1ポーズの丁度良い時間が30秒で、最低でも30秒はキープできるようにしましょう。

 

2.伸ばす部位を意識する

筋肉を伸ばしていることを体に伝えるようにストレッチをするのが効果的。

 

3.気持ちよい程度に伸ばす。

痛いなら無理は禁物。

痛いのに伸ばしてしまうと、伸張反射が働いて、筋肉が硬直してしまいます。

 

4.呼吸は止めない

つい止めてしまいがちな呼吸。

ですが、ストレッチは深く呼吸をすることで緊張を和らげて、筋肉を伸ばすことで効果を期待できるものです。

無意識の内に止めてしまわないように気をつけましょう。

 

5.色々な部分をストレッチしよう

一度に全身をストレッチするのは、物凄く時間がかかります。

日によって、どこをストレッチするのか計画立ててするとよいでしょう。

 

最低限、この5つを押さえた上でストレッチをするべし!

 

ということで、まず自分がストレッチしたい部位を決め、どのポーズでキープするのかを決める。

ポーズ数×30秒=所要時間ということになります。

ですので、人によって何分必要なのかは違ってきますね。

 

出きれば毎日ストレッチの時間を作るのがベストですが、

どうしても難しい場合は、週に3回はストレッチすることで、持続した効果を得られるといわれていますよ。

 

 

ストレッチの効果を実感するには、どれくらいの期間かかる?

ストレッチの効果を実感するのに、一番重要なのが「継続すること」です。

お風呂に入って体を温めて、一日の疲れを癒しながらストレッチを継続的にすることで、徐々に体が柔らかくなります。

 

期間的には個人差はありますが、大体1ヶ月以上はみておいたほうが良いでしょう。

わたしも過去にストレッチを1ヶ月続けていたら、前屈が苦もなくできるようになりました。

ただ、そこでストレッチをやめてしまうと元に戻ってしまうので、注意してくださいね。

 

最後に

いくつになっても身体って柔らかくなるものです。

小さい頃に水泳を習っていて、ぐにゃぐにゃになるくらい柔らかかったのに、大人になるにつれて硬くなってしまい、一念発起してやり始めたのですよ。

そうしたら、時間はかかりましたけど柔らかくなったので、やってみるものだなーって思いました。

無理は禁物だけど、自分のペースでゆったりと行うことが継続&成功の鍵かな~と思います。

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ