紙パック式とサイクロン式の掃除機を比較!あなたはどっち派?


今、掃除機を選ぶなら…紙パック式orサイクロン式

あなたならどちらを選びますか?

両方使った経験から、私としては「絶対にこっち!!」

私の持論は最後に( '∇')ウフフフフ

 

紙パック式とサイクロン式、

それぞれの特徴を調べてみましたので、

後悔しないよう、購入前に是非ご確認ください<(_ _)>

Sponsored Links




 

紙パック式とサイクロン式掃除機それぞれの特徴

【紙パック式掃除機の特徴】
紙パック式は、吸い込んだゴミをそのまま紙パックに集めます。

吸い込んだ空気は紙パックを通って排気される仕組みで、紙パックがフィルター代わりになっています。

溜まったゴミは、紙パックごと捨てます(紙パックは使い捨てです)。

 

<メリット>

 
  • 吸引力が強い
紙パック式だと、吸引力が弱いと思われがちですが、紙パックを交換するたびに吸引力が復活!!

 
  • ゴミ捨てが楽チンで衛生的
集めたゴミに触れずにパックごと捨てられるので、簡単かつ衛生的

紙パックの交換は、2~3ヶ月に一度でOK!

紙パックがフィルターも兼ねているので、お手入れ不要です。

 
  • 吸ったゴミを見なくてすむ
汚いものや、虫の死骸などを掃除機で吸い込んだ場合、

紙パックなら、それらを見ずに処分できます。

 
  • 手入れが楽!
紙パックがフィルターの代わりになっているので、掃除機を分解して隅々まで綺麗にする必要がありません。

ズボラさん仕様かも(;^ω^)

 
  • サイクロン式よりも音が静か
空気を回転させる必要のない紙パック式は、空気を吸う音だけですので意外に静か。

音が気になる人は紙パック式がいいかも。

 

 

<デメリット>

 
  • 紙パックにホコリやゴミが溜まると吸引力が落ちる
ゴミが溜まる場所と排気する通り道が一緒なので、ゴミがたまると吸引力が弱くなる。

ゴミを捨てれば解消できるが、永久的な吸引力は保てない。

 
  • 排気する空気の臭いが気になる
紙パック式は、吸ったゴミの中を通過した空気が外に出るので、臭いや微細塵が出ることもあります。

ただ最近は、紙パックの性能が向上して、排気部分に高性能なフィルターを追加すれば、排気をクリーンにできる機種も出ています。

 
  • 紙パックのコストがかかる
紙パック購入費用と買い置きの手間がかかります。

格安の紙パックもありますが、正規品を使用することで吸引力や排気臭の効果をうたっている機種もあるので、家計と相談する必要がありますね。


【サイクロン式の特徴】
吸い込んだ空気を、たつまき状に回転させながら、ホコリと空気を遠心分離して、

ホコリはダストカップ、空気はフィルターを通して排気されるという優れもの。

しかし最近では、空気を回転させなくても、

ゴミをダストカップに集めるタイプの機種を「サイクロンタイプ」と称している傾向がありますので、購入の際は要注意!!

 

<メリット>

 
  • 紙パックが不要なので経済的
「紙パック」という消耗品がない分、ランニングコストが低い。

 
  • 排気する空気とゴミの溜まる場所が別々なので、吸引力が持続する
ゴミ捨てのたびに吸引力が復活するのが嬉しいところ。

掃除する都度、こまめにゴミを捨てられるので、その度に吸引力が復活します。

フィルター自動クリーニングタイプはパワーが持続するので尚良いですね。

 
  • 吸い込んだ空気がゴミの中を通らないので、排気臭があまりしない。
ゴミを通さないで空気が排気されるので、臭いがあまりしません。

アレルギーがある人や、小さなお子様のいるおウチでは、排気の時に出る粉塵埃も少ないのでありがたいですね。

 

 

<デメリット>

 
  • ゴミを捨てのときに粉塵が舞う
ゴミ捨てのときに、細かいホコリが舞ってしまうことも。

ダストカップがプラスチック製なものだと、ホコリが静電気でくっついてしまって取り難いこともあります。

 
  • フィルター掃除など、メンテナンスが必要
ダストカップに直接ゴミがたまるので、ゴミ捨てをした後にダストカップの掃除が必要です。

サイクロン式掃除機の構造上、本体に排気をろ過するフィルターが何ヶ所かに設置されています。

「掃除機自体を清潔に保ちたい」ならば、内部パーツを外してフィルターが洗えるので便利でしょう。

けれど、時間がない、面倒くさがりな人は掃除が億劫になってしまうかも。

 
  • 音がうるさい……
吸引力が高いと、やはりモーター音が大きくなりますから、紙パック式よりも音はうるさいです。

機体が大きくなればなるほど音も大きくなるので、きちんと音チェックしてから購入を検討しましょう。

 

 

最後に、管理人の持論を展開

0861

私は当初は、紙パック式を使用していました。

特に吸引力とか、排気とかにこだわっていたワケではなかったので、普通に満足して使っておりました。

 

が、世間でサイクロン式がチヤホヤされだし、ミーハーな私としては、これはサイクロン式に乗り換えなければ!!

と、某ダ○ソンをそこそこ高額で購入★

 

正直な感想を述べさせて頂きますと…

「吸引力が落ちない!!」という謳い文句がありましたが、最初からそんなに吸引力を感じませんでした。

 

何より「難」だったのが、上でも書きましたがゴミ捨て!!

1週間ほどでゴミが溜まり、捨てなければいけません。

しかもホコリは相当舞い、外で捨てなきゃ大変なことに。

それに、ゴミや大きなホコリを捨てても、細かいほこりはダストカップについたまま。

その都度、ダストカップを洗える根性のある人はいいかもですが、そんなに毎回洗えない人には、見た目、清潔感のない、人様に見せることのできない掃除機となります。

 

さらには、何か所かのフィルター掃除をしないと動かなくなる・・等の問題も起き、2年くらいしてもうウンザリとなりました。

 

もうお気づきですよね!!

私がこの後購入したのは、普通の紙パック式の掃除機。(そんなに高額なものではありません)

 
  • 掃除機本体の軽さ♪
  • 吸引力♪
  • ゴミの捨てやすさ♪
  • メンテナンスの楽さ♪
  • 見た目の清潔感♪
どれをとっても大満足★

 

時代は絶対に「紙パック式」でしょっ(`・ω・´)!!

と、私は勝手に思っておりますが、価値観はもちろん人それぞれ。

あなたはどっち派ですか(⌒∇⌒)?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ