マヨネーズの正しい保存方法★冷蔵庫?常温?暗所?


一家に1つは必ず常備されているマヨネーズ

マヨネーズが売られているのって、

スーパーの中でも常温の場所だよね。

ってことは、マヨネーズの保存には常温が適しているの?

 

ふと頭をよぎったので、この際ガッツリと調べてみました。

常温?冷蔵庫?暗所?

それとも、別に良い場所があるの???

あなたの保存方法は合ってるかな?

Sponsored Links




 

マヨネーズの正しい保存場所とは

これは、ま、「未開封」か「開封済み」か、

どちらの状態であるかで変わってきます。

 

【未開封】

直射日光を避けて、なるべく涼しい所で保管する!!

マヨネーズって意外に繊細で、温度に敏感なんです。

直射日光にあててしまうと、変色したり、味が変わったりします。

そのため、流しの下などの暗所に置くのがベスト★

 

また、最近の気温上昇は異常ですから、

夏場は暗所といえど、気温があがると熱がこもりやすくなります。

直射日光があたらなくても、意外と要注意な場所になっているかも。

高温下で何日も置いておくのは、当然マヨネーズにとってはNG。

夏場だけは、保管場所を冷蔵庫にしたり、

一日中涼しい場所を探して置いたりなどの工夫が必要です。

 

 

【開栓後】

封を開けたマヨネーズの保存方法で最適なのは、やはり冷蔵庫です。

キャップをしっかりしめて、密封に近い状態にしておくのがポイント

開封後1ヶ月を目安に保存しつつ使用するのがGOOD!

 

冷蔵庫と一言で言っても、場所は色々ありますよね。

マヨネーズ置き場としては、ドアポケットが一般的だと思います。

実際、我が家も牛乳やドレッシングに並んでマヨネーズが鎮座してます。

 

実はコレ、すごく理に適っている

 

多くの冷蔵庫の場合、ドアポケットの部分は、

直接冷気が当たらないようになっています。

直接、冷気の当たるところにマヨネーズを置いておくと分離してしまうので、

ドアポケットは大正解★

(※冷蔵庫によって差がありますが)


マヨネーズの保存!注意点

上の説明通り、224237

直射日光&冷気が苦手なマヨネーズ。

まだ気を付けたいことがあります!

 

それは「温度」★

 

今の冷蔵庫って、凄く優秀なので、

エコでもよく冷やしてくれちゃうんですよね(;’∀’)

でも、マヨネーズは冷やしすぎてもNG

 

冷気と同じく、あまり温度が下がってしまうとマヨネーズは分離してしまいます。

たまーに見ませんか?

容器の中で少し色濃くなって黄ばみのようになってしまったマヨネーズ

 

冷蔵庫によっては、ドアポケットが冷えすぎてしまう場合もありますので、

マヨネーズの変色・黄ばみが気になったら、「野菜室」に移動させましょう。

野菜室は、平均温度が5℃前後で温度も下がり過ぎず、

上がり過ぎないので、マヨネーズ保存にはピッタリですよ♪

 

最後に

「とりあえず、なんでもかんでも冷蔵庫。」

「冷蔵庫に入れておけば、なんだか安心♪」

と、未開封のマヨネーズまで冷蔵庫に入ってませんか?

 

マヨネーズって、特売の日とかに2つくらい買いだめしておくことありますよね。

「卵も入ってるし、絶対に冷蔵庫保存でしょ!」

って、思いがちだけど、そんなに単純なものでもないのですね(;’∀’)

何でもそうですが、長期保存できる食品は、

適切な方法で保存しないといけませんね(o^―^o)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ