手荒れで水泡が!原因を知って治し方を見直そう!


かゆくてたまらんっ!!

ガザガザの手に水泡(水疱)まで出来てしまった!259274

 

皮膚の乾燥や洗剤などで

手荒れが起こるのはわかるけど、

そもそも水泡の原因って何なの?

治しても治しても繰り返し出来るのはなぜなの?

根本的な治し方ってないの?

 

こんな状態だと、家事もやる気になりませんよね。

まずは原因を知って、治し方を見直してみましょう。

Sponsored Links

 

 

手が荒れて水泡が出てしまう原因とは!

手が荒れるとカサカサと乾燥して、ひび割れたり、切れたりします。

さらには水疱まで・・・。

こうなると、もう痒くて、そして痛くてたまりませんっ(><)!

 

この水疱、実は手湿疹なんです。

手荒れによって皮膚のバリア機能が低下して、皮膚が敏感になってしまっている状態。

手湿疹の「湿潤型」といわれているものなんです。

 

特徴としては、小さな水疱が指の間や腹、手のひらなどにできます。

なぜ、このような場所に水疱が出来るのかというと、皮膚にある汗腺が関係しているんです。

汗腺は主に皮脂を分泌して、手を乾燥 から守ってくれているのですが、

この汗腺に異変が起きて、皮脂の分泌が滞ってしまうと、手湿疹を発症し、炎症や水疱の症状が出てきてしまうのです。

 

また、手湿疹で水泡ができた場合は、水虫(白癬症状)汗疱(かんぽう)と間違えられやすいのですが、それは違います。

それらのウイルス性の病気とはまったく無関係のもので、周りの人に感染させてしまうようなことはありませんので、それはご安心ください。

繰り返す手荒れの治し方・解消法

手湿疹で出来た水泡、どうやってを治していけばよいのでしょうか。

手荒れ・乾燥・ヒビ・痒みの市販薬は沢山販売されています。

実際に私もいくつか試し、どれもそれなりに良くなりますが、どうも根本的な解決にはなっていないようなんです。

 

マシになっては、また発症を繰り返し、結局、一年中手荒れ状態。

やはり一番良いのは、面倒でも皮膚科を受診することのようです。

というのも、正しく治療していかないと逆効果となり、悪化してしまうケースもあると聞くからです。

 

大体の皮膚科では、ステロイド外用剤が処方されます。

「リンデロン-VG」というのが一般的。

※ステロイド外用剤は用法が決められており、よくなってきたら使用を中止しましょう。

 

お薬で一度キレイに治した後は、再発を防ぐ対策が必要です★

 

1.ゴム手袋を使用する(水仕事で皮膚を刺激しないように)

2.食器洗いなどの洗剤を見直しましょう

3.シャンプーやボディーソープを見直しましょう。ボディーソープがきついと感じたら、石鹸に切り替えるのも手です。

4.手を洗ったあとの保湿は迅速に。ハンドクリームやワセリンを塗りましょう。

5.日中だけでなく、夜間はハンドクリームを塗って、手袋をはめて保湿しましょう。手袋は100円均一で売っている薄い布手袋でOK

 

とにかく、手に余計な刺激を与えないように気をつけることが手荒れを起こさないポイントであり、

手荒れが起きないと、水泡もできません♪

確かに少し面倒ではあるのですが、是非お試しいただきたいです。

私自身、ゴム手袋とハンドクリームを習慣化することで、気にならないくらいに回復してきましたよ(o^―^o)

 

最後に

特に冬場は辛いですよね。。。

手荒れ&水疱(手湿疹)

私の場合、皮膚が弱いわけでもなく、手荒れとは無縁の生活を送っていたのですが、

急激な乾燥が気になりだしたら、突如としてヒビ割れと共に水疱が・・・。

痒いし痛いし、家事もはかどらず(´;ω;`)

 

「春になったらマシになるよね♪」

「夏になったら治るよね♪♪」

と思っていたのに、結局は治らず。。。

完全に甘くみていました。

なので、あなたには是非!早めの対策をおすすめします★

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ